大人の音楽教室

大人の音楽教室

作曲・音楽理論/保育士・教員試験

作曲・音楽理論(楽典)

調性の理解、音程、和音の種類と機能を理解し、主に楽曲の分析・和声の勉強が中心になります。
楽器の特性、リズムの配分、コードネーム、コード進行、楽曲形式、表現法、などを勉強します。
受験生は、和声法、対位法を学習します。和声法は和声(ハーモニー)の進行や声部の導き方、
配置の組み合わせのルールを学びます。
対位法は複数の旋律の独立性を保ちながらお互いに調和させて重ね合わせるためのルールを学習します。

レッスンではそれぞれのご希望やレベルに合わせて行っていきますので、
初心者の方から、ある程度作曲ができ創造性を広げていきたい方、編曲のアドヴァイスを受けたい方
また音楽大学の作曲科の受験を目指している方なども対象としています。

保育士試験

保育士試験は筆記に合格すると実技試験があります。実技試験は「音楽・絵画制作・言語」の
3科目の内2分野選択します。

音楽の場合、季節の歌や童謡程度のピアノでの弾き歌いと課題曲バイエルの○番~○番の内指定の曲を演奏します。
受験する都道府県によっても内容が違いますので要項をご確認ください。

保育士の試験には弾き歌いがありますので、レッスンでは、まずピアノが弾けるようになることと、
歌が歌え、そしてピアノを弾きながら歌を歌う訓練を行います。

教員試験

ピアノ実技で最も多いのが、小学校の歌唱共通教材から指定された歌を受験者自身が選択し、
それをピアノまたは電子オルガンで弾きながら歌う、弾き歌いがあります。
この場合、道府県(東京都には現在、ピアノ実技はありません)及び政令市によって、
自分で楽譜を持ち込んでいい場合、試験会場で指定された楽譜を使う場合、
楽譜なしで弾きながら歌う場合があります。
ご自身が受験されるところはどのような形式なのかを確認すべきです。
近年は少なくなりましたが、バイエルを弾く試験のある道府県(政令市)もあります。
バイエルは、一夜漬けでは無理なので、日頃からピアノに触れる時間を設け、集中的に練習するしかありません。
バイエルの場合、当日指定されることは殆どなく、受験者が選択できるところが大半です。

小学校のピアノは技量よりも、児童と一緒に音楽の授業を一体化できるかどうかを見極めています。
従って、ミスタッチをしても、そのまま先に進むことが大事です。弾き歌いのポイントは声量です。
試験は音楽の授業を想定しています。伴奏は完璧でも、歌声が小さいとマイナスです。
レッスンでは課題曲のピアノが弾けるようにレッスンを行い、伴奏しながら歌う弾き歌いの訓練を行います。

お問い合わせ
ベル・ミュージック・ラボ

千葉市花見川区花園1-4-5
JR新検見川駅北口より徒歩3分

ベル・ミュージック・ラボ

レッスンメニュー

動画をお楽しみください

レッスン料金

レッスン料金

コースとレッスン時間によって
定められています。


塾や部活等でお忙しい方

担当講師と予め日程をご相談の上
決めることができます。


詳しくはこちらをご覧ください。

レッスン料金

  • コンサート
  • よくあるご質問
  • お役立ちリンク集

レッスン料金

レッスン料金

コースとレッスン時間によって
定められています。


不規則なお仕事の方

担当講師と予め日程をご相談の上
決めることができます。


詳しくはこちらをご覧ください。

レッスン料金

  • コンサート
  • よくあるご質問
  • お役立ちリンク集